Publications

[査読付き]
  • Taiki Watanabe, Junji Takahashi, and Yoshito Tobe, “Investigation of an Algorithm to Maximize the Information Observed by Multiple Autonomous UAVs”, IEEE SENSORS 2017, Nov. 2017.
  • Satoshi Moriyama, Junji Takahashi, Yoshito Tobe, “Creation of Communication Groups Using Sound of Smartphones”, 6th Workshop on the Reliability of Intelligent Environments 2017, (2017.8)
  • Yuto Kobayashi, Junji Takahashi, Yoshito Tobe, “A Mobile Wi-Fi Access Point Considering Types and Volumes of Traffic,” World Congress of Engineering, pp.519-524, (2017,7)[PDF]
  • 高橋淳二,小花祐輔,磯山直也,戸辺義人,ロペズギヨーム,“YKOB: 参加型センシング志向の自転車とスマートフォン端末を用いた道路路面状態の調査”,電気学会論文誌C,vol.137,no.4, p.658-666, (2017)
  • Ryuji Suzuki, Geert Vanderhulst, Fahim Kawsar, “A Profiling System for Android Wear”, MobiCASE2016, (2016.12)
  • Naoto Mizumura, Hiroki Saito, Junji Takahashi, Yoshito Tobe, “Towards Optimizing Time of File Transfer Among Multiple Smartphones using Wi-Fi Direct”, MUSICAL2016, (2016.11)
  • Yuki Tokunaga, Junji Takahashi, Yui Hanami, Tomoya Kaneko, Yoshito Tobe, “Light-Weight Line-segment-based Location Sensing”, IWSSS2016, (2016.11)
  • Yuto Kobayashi, Junji Takahashi, Yoshito Tobe, “Measurement of WiFi Traffic for a Movable Access Point,” SICE Annual Conference (2016.9)
  • Junji Takahashi, Ryuji Suzuki, Yoshito Tobe, “Object Learning Through Interaction with Person in the Context of Finding Lost Objects,” International Journal of u- and e- Service, Science and Technology, vol.9, no.6, pp.409-420, (2016)
  • Yuki Yagi, Junji Takahashi, Guillaume Lopez, and Yoshito Tobe, “COLLONA: Design and Implementation of Corridor-Level Localization Toward Indoor Pedestrian Navigation,” International Journal of Computing and Network Technology, issue 2, vol.4, (2016)
  • 宇佐美格,王亜楠,高橋淳二,斉藤裕樹,戸辺義人,“携帯端末を用いたミーティング定量評価システムの構築”,情報処理学会論文誌,vol.57, no.2, pp.1-9, (2016)
  • Ryuji Suzuki, Junji Takahashi, Yoshito Tobe, “Learning Features through Communication in the Context of Finding Lost Objects”, ICGHIT2016, (2016.2)
  • Yusuke Kobana, Junji Takahashi, Yoshito Tobe, Guillaume Lopez, “Accurate Road Damage Classification Based on Real Signal Mother Wavelet of Acceleration Signal,” Proc. of IEEE/SICE Symposium on System Integration, Nagoya, Dec. 11-13, pp.900-905, Japan, (2015)
  • Junji Takahashi, Ohnogi Yu, Ryosuke Ozaki, Thepvilojanapong Niwat, Ohta Yoshikatsu and Yoshito Tobe, “Hierarchical Coverage Ratio for Cooperative Sensing by Multiple UAVs,” Proc. of Late Breaking Result Poster in IROS, ThAP, (2015)
  • Junji Takahashi, Yusuke Kobana, Yoshito Tobe, Guillaume Lopez, “Classification of Steps on Road Surface Using Acceleration Signals,” Proc. of Int. Work. on Web Intelligence and Smart Sensing, Coimbra, Portugal, July 22-24, (2015)
  • Shuai Wang, Anas Basalamah, Song Min Kim, Shuo Guo, Yoshito Tobe, Tian He, “Link-Correlation-Aware Opportunistic Routing in Wireless Networks”, IEEE Transactions on Wireless Communications 14(1): 47-56, (2015)
  • Xianyi Chen, Huiyu Sun, Yoshito Tobe, Zhili Zhou, Xingming Sun, “Coverless Information Hiding Method Based on the Chinese Mathematical Expression”, ICCCS 2015: 133-143, (2015)
  • Teemu Leppänen, Jose Alvarez Lacasia, Yoshito Tobe, Kaoru Sezaki, Jukka Riekki, “Mobile Crowdsensing with Mobile Agents,” Autonomous Agents and Multi-agent Systems, Springer, ISSN 1387-2532, DOI:10.1007/s10458-015-9311-7, (2015)
  • Niwat Thepvilojanapong, Ryo Kanaoka, Hiroki Saito, Junji Takahashi, and Yoshito Tobe, “Design and Implementation of Message Exchanging System Based on Wireless Communication and Gesture,” International Journals N&N Global Technology, Vol.4, 04.IJAI.2015.1.1, pp.1-7, October, 2015.
  • Riho Motooka, Takeru Katagiri, Shintaro Murayama, Ryo Nishikawa, JunjiTakahashi, and Yoshito Tobe, “Distance control between multiple dronesfor stable communication,” IEEE SENSORS 2015, Nov. 2015.
  • Niwat Thepvilojanapong, Tomoya Tsujimori, Yoshikatsu Ohta, Yunlong Zhao and Yoshito Tobe, “Incentive Models for People-Centric Urban Sensing,”International Journal of Software Engineering, Volume 3, June 30, 2015 (DOI :03.IJSE.2015.1.3)(paper).
  • Keisuke Murase, Yoshito Tobe, “Towards Recognition of Typing Activity Based on Keyboard Sound” SICE Annual Conference 2015, (2015.7)
  • Ryo Kanaoka, Yukitoshi Kashimoto, Yutaka Arakawa, Yoshito Tobe, and Keiichi Yasumoto,”A cumulative error compensation model of dead reckoning toward a high accuracy indoor positioning system”, MIPE2015, Jun. 2015.
  • Ryoji Ogawa, Naofumi Kitsunezaki, Yoshito Tobe “MDEL:Cooperatively Web-Contents Receiving System Using Multiple Mobile Devices” ICGHIT2015(2015.2)
  • Yoshito Tobe, Itaru Usami, Yusuke Kobana, Niwat Thepvilojanapong, Junji Takahashi, Guillaume Florian Lopez, “vCity Map: Crowdsensing Towards Visible Cities”, DOI: 10.1109/ICSENS.2014.6984921 Conference: IEEE Sensors, Nov. 2014.
  • Ryo Kanaoka, Yoshito Tobe, “Design of a Data Transfer System on Smartphones Using Wi-Fi Direct and Accelerometers”, GCCE2014, Oct. 7
  • Niwat Thepvilojanapong, Hiroki Saito, Keisuke Murase, Tsubasa Ito, Ryo Kanaoka, Teemu Leppanen, Jukka Riekki and Yoshito Tobe, Hand-to-Hand Instant Message Communication: Revisiting Morse Code, ICPADS 2014, Dec. 2014.
  • Yang Li, Yoshito Tobe, Keisuke Murase, Yunlong Zhao, “Recognition of regulation writing characters by accelerometer in smart phone based on HMM” 2014 IEEE/SICE International Symposium on System Integration SII 2014, (2014.12)
  • S. Wang, A. Basalamah, S. M. Kim, S. Guo, Y. Tobe, T. He, “Link Correlation Aware Opportunistics Routing in Wireless Networks,” IEEE Trans. on Wireless Communications. (Accepted and to Appear) [LINK]
  • Itaru Usami, Niwat Thepvilojanapong, Naofumi Kitsunezaki, Yoshito Tobe, “Classifying Sound of Automobile for Sound Maps”, SICE Annual Conference 2014, pp.1198-1199, September 9-12, 2014
  • Naofumi Kitsunezaki, and Atsushi Okabe, “Higher-Order Correction to the FDTD Method Based on the Integral Form of Maxwell’s Equations”, Computer Physics Communications, vol. 185. no. 6, pp. 1582-1588, (2014, 2).
  • 斉藤裕樹, 牛久保辰典, 戸辺義人, 鉄谷信二, “実世界データの空間連続性に基づくモデル駆動型P2Pネットワーク”, 情報処理学会論文誌, Vol.55, No.2, pp.1079 – 1088, (2014.2) [PDF]
  • 斉藤裕樹, 高山翼, 山上慶, 戸辺義人, 鉄谷信二, “マイクロブログのジオタグと発言コンテキスト解析による行動予測手法”, 情報処理学会論文誌, Vol.55, No.2, pp.773 – 781, (2014.2) [PDF]
  • Ryo Kanaoka, Niwat Thepvilojanapong, Ryosuke Ozaki, Naofumi Kitsunezaki, and Yoshito Tobe, “Gesture-Based Session Establishment for Multi-User Data Exchange”, Int. Conf. on Green and Human Information Technology (ICGHIT 2014), pp. 372-377, (2014.2).
  • Naofumi Kitsunezaki, “Second-Order Perturbative Analysis with Approximated Integration for Propagation Mode in Two-Dimensional Two-Slab Waveguides”, IEICE TRANSACTIONS on Electronics, vol. E97-C no. 1, pp. 11-16, (2014. 1).
  • Niwat Thepvilojanapong, Kai Zhang, Tomoya Tsujimori, Yoshikatsu Ohta, Yunlong Zhao, and Yoshito Tobe,”Participation-Aware Incentive for Active Crowd Sensing”, The 15th IEEE International Conference on High Performance Computing and Communications (HPCC 2013) Zhangjiajie, China, November 13-15, 2013.
  • Guangwen Liu, Masayuki Iwai, Yoshito Tobe and Kaoru Sezaki, “REPSense:On-line Sensor Data Reduction While Preserving Data Diversity for MobileSensing”, The 9th IEEE International Conference on Wireless and MobileComputing, Networking and Communications (WiMob 013), Oct. 2013
  • Naofumi Kitsunezaki, “Perturbation Analysis with Approximate Integration for Propagation Mode in Two-Dimensional Two-Slab Waveguides”, IRSN Optics 2013, 108704 (2013.7)
  • Niwat Thepvilojanapong, Tomoya Tsujimori, Hao Wang, Yoshikatsu Ohta, Yunlong Zhao, and Yoshito Tobe, “Impact of Incentive Mechanism in Participatory Sensing Environment”, proc. The Second InternationalConference on Smart Systems, Devices and Technologies, June 2013. [PDF]
  • Naofumi Kitsunezaki, Eijiro Adachi, Takashi Masuda, and Jun-ichi Mizusawa, “KINECT applications for the physical rehabilitation”, IEEE International Symposium on Medical Measurements and Applications, (2013.5)
  • Congwei Dang, Masayuki Iwai, Yoshito Tobe, Kazunori Umeda, Kaoru Sezaki: A framework for pedestrian comfort navigation using multi-modal environmental sensors. Pervasive and Mobile Computing 9(3): pp. 421-436 (2013)
  • 斉藤 裕樹, 菅生 啓示, 間 博人, テープウィロージャナポンニワット, 戸辺 義人,”sBike:参加型センシングを志向したモバイルセンシングによる自転車走行状態収集・共有機構”, 情報処理学会論文誌, Vol. 53, No.2, pp. 770-782, (2012.2)
[査読なし]
  • 渡辺 大貴, 高橋 淳二, 戸辺 義人, “複数台の自律飛行UAVから得られる情報の最大の検討”, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2017)シンポジウム ,pp-1452-1455, (2017.6)
  • 鈴木 隆二, 高橋 淳二, 戸辺 義人, “個人差を考慮した自転車とスマートフォン端末を用いた路面異常検出”, ヒューマンプローブ研究会第17回研究発表会, (2017.6)
  • 森山 聡, 高橋 淳二, 戸辺 義人, “音波を用いた同一空間内に存在するモバイル端末の接続”, 音響学会 2017年春季研究発表会, (2017.3)
  • 鈴木 隆二, 高橋 淳二, 戸辺 義人 “速度差を考慮した自転車とスマートフォン端末を用いた路面異常検出”, 第79回情報処理学会全国大会, (2017.3)
  • 小林 祐斗, 高橋 淳二, 戸辺 義人 “トラヒックの種類を考慮した移動式アクセスポイントの提案”, 第79回情報処理学会全国大会, (2017.3)
  • 長瀬 綾佑, 藤田 晃佑, 唐山 英明, Guillaume Lopez, 戸辺 義人, “脳波を利用した遠隔通信相手集中度計測システムの設計と実装”, 第79回情報処理学会全国大会, (2017.3)
  • 渡辺 大貴, 高橋 淳二, 戸辺 義人, “複数台の自律飛行UAVから得られる情報の最大化アルゴリズムの提案”, 第79回情報処理学会全国大会, (2017.3)
  • 兼子 朋也, 高橋 淳二, 花見 唯, 徳永 祐希, 戸辺 義人, “線分情報に基づく位置姿勢推定と3次元マップの更新”, 第79回情報処理学会全国大会, (2017.3)
  • 花見 唯, 高橋 淳二, 徳永 祐希, 兼子 朋也, 戸辺 義人, “事前マップを利用した効率的な位置推定アプリケーションの提案”, 平成28年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会, (2017.3)
  • 西塔 誠, 水村 直人, 兼子 朋也, 高橋 淳二, 戸辺 義人, “センサノードのデータ発信に対応したゲートウェイの設計と実装”, 平成28年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会, (2017.3)
  • 徳永 祐希, 高橋 淳二, 兼子 朋也, 花見 唯, 戸辺 義人, “線分マッチングに基づく位置姿勢アルゴリズムのGPU並列演算による高速化”, 情報処理学会 第82回モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム(MBL)研究会, (2017.3)
  • 兼子 朋也, 高橋 淳二, 花見 唯, 徳永 祐希, 戸辺 義人, “線分情報を用いた自己位置推定と3次元マップ更新”, SICEシステムインテグレーション部門講演会, (2016.12)
  • 森 克宏, 片桐 祥雅, 戸辺 義人, “音響認知における無意識下の深部神経機構”, 電子情報通信学会 HCG シンポジウム2016 ,(2016.12)
  • 岡﨑 晴, 米岡 良, 高橋淳二, 戸辺義人, “音声解析と構文解析を組み合わせた感情認識システムの設計”, 人間情報学会講演会オーラルセッション, (2016.12)
  • 長瀬綾佑, 藤田晃佑, 唐山英明, Guillaume Lopez, 戸辺義人, “脳波を用いた通信相手の集中状態計測の試み”, 人間情報学会講演会オーラルセッション, (2016.12)
  • 大塲稜也, 村瀬慶祐, 高橋淳二, 戸辺義人, “深層学習による楽曲分類の検討”, 人間情報学会講演会オーラルセッション, (2016.12)
  • Satoshi Moriyama, Yuta Nishii, Junji Takahashi, Yoshito Tobe,”Creation of a Co-Located Mobile-phone Users Group Using Voice”ASSET 2016 (2016.6)[PDF]
  • 西川遼, 高橋淳二, 戸辺義人, “作業主体支援に向けた適切な三人称視点を自律獲得する飛行撮影システムの設計と実装”, 第78回情報処理学会全国大会, (2016.3)
  • 鈴木隆二, 高橋淳二, 戸辺義人, “コミュニケーションを通じた物体を特定するための特徴学習の構築”, 第78回情報処理学会全国大会, (2016.3)
  • 浅田理芳, 山崎 和也,Martin J. Dürst, 戸辺 義人,”プログラミング初学者のソースコード記述特徴抽出方法の検討”, 第78回情報処理学会全国大会, (2016.3)
  • 小林祐斗, 八木 佑侑季, 高橋淳二, 戸辺義人, “通信トラヒックを考慮した可動式無線LANアクセスポイントの提案”, 第78回情報処理学会全国大会, (2016.3)
  • 黄キ, 八木佑侑季, 高橋淳二, 戸辺義人, “Wi-Fiビーコン発信動的制御による屋内ナビゲーションの検討”, 第78回情報処理学会全国大会, (2016.3)
  • 山﨑和也,高橋淳二,戸辺義人,“キー入力に基づいた剽窃検知可能なテキストエディタの設計と実装” 平成27年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会,(2016.3)
  • 村山新太郎, 戸辺義人, 高橋淳二, “UAVカメラでの被写体撮影情報に基づく直感的制御システムの設計と実装”, 平成27年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会, (2016.3)
  • 米岡 良, 高橋淳二, 戸辺義人, “複数スマートフォンを用いたミーティング活 発度定量化システム”, 平成27年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表(2016.
  • 元岡里穂, 金岡諒, 高橋淳二, 戸辺義人,”近接ユーザ間で即時的共有空間を生成するシステムの提案”, 平成27年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会, (2016.3)
  • 澤田貴志, 高橋淳二, 戸辺義人, “壁との衝突音によるボールの速度推定”, 平成27年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会, (2016.3)
  • 西井佑太, 高橋淳二, 戸辺義人,”フォルマント周波数を用いた空間共有グループの作成システムの設計と実装”,平成27年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会,(2016.3)
  • 水村直人, 高橋淳二, 戸辺義人,”OpenStackによる実プロファイリングに基づく有限資源の動的割り当ての提案”,平成27年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会,(2016.3)
  • 水野誉士樹,高橋淳二,戸辺義人” 多視点テンプレートマッチングによる撮影視点の評価と適切な撮影ポイントの自律決定”,平成27年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会,(2016,3)
  • 三浦一馬, 小川亮二, 村瀬慶祐, 宇佐美格, 高橋淳二, 戸辺義人, “Webデザインにおける発想支援ツールの提案”, 平成28年電気学会全国大会, (2016.3)
  • 八木佑侑季, 高橋淳二, 戸辺義人, “歩行者ナビゲーションに向けたビーコン発信機による屋内位置測位の研究”, IEICE ヒューマンプローブ(HPB)研究会(2016.2)
  • 北村剛, 片桐祥雅, 高橋淳二, 戸辺義人, “韻律による感情理解の深部脳活動”, HCGシンポジウム2015, (2015.12)
  • 北村剛, 片桐祥雅, 高橋淳二, 戸辺義人, “感情認知における監督的注意システム仮説とその検証”, 第22回人間情報学会講演会ポスターセッション, (2015.12)
  • 北村剛, 片桐祥雅, 高橋淳二, 戸辺義人, “後頭部脳波α2律動揺らぎ解析に基づく感情がラベルされた音声に対する同期的深部脳活動”, 第5回バイオメトリクスと認識・認証(SBRA2015)シンポジウム (2015.11)
  • 森山聡, 宇佐美格, 小川亮二, 八木佑侑季, 戸辺義人, 鷲見和彦, “専門科目英語講義の字幕付き動画作成を支援するシステムの設計”, コンピュータと教育研究会 第131回研究発表会 (2015.10)
  • 北村剛, 片桐祥雅, 高橋淳二, 戸辺義人, “情動的韻律がラベルされた合成音声に対する感情弁別と深部脳活動”, 第21回人間情報学会講演会ポスターセッション (2015.9)
  • 村瀬慶祐, 斉藤裕樹, 戸辺義人, “ArKs: PCタイピング音解析による動作の推定”, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム, (2015.7)
  • 宇佐美格, 王亜楠, 高橋淳二, 戸辺義人 “携帯端末を用いたミーティングの定量化システムの構築”, IEICE ヒューマンコミュニケーション基礎(HCS)研究会 (2015.5)
  • 小花 祐輔, 高橋 淳二, 狐崎 直文, 戸辺 義人, ギヨーム ロペズ “自転車を利用した道路モニタリング-独立成分分析を用いた路面情報の抽出と分析-” ロボティクス・メカトロニクス講演会(2015.5)
  • 金岡諒, 柏本幸俊, 荒川豊, 戸辺義人, 安本慶一 “屋内高精度位置測位に向けたデッドレコニングの累積誤差補正モデルの検討”, 第77回情報処理学会全国大会(2015.3)
  • 八木佑侑季, 狐崎直文, 斉藤裕樹, 戸辺義人 “位置情報を用いたアクセス制御に基づくファイルシステムの設計と実装”, 第77回情報処理学会全国大会(2015.3)
  • 青木敬郎, 須藤悠也, 小川亮二, 狐崎直文, 戸辺義人 “動的ユーザ属性に基づくiBeacon情報提供方法の提案”, 第77回情報処理学会全国大会(2015.3)
  • 村瀬慶祐, 狐崎直文, 戸辺義人, “ArKs: タイピング音によるPCに対する動作の推定” 平成26年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会, (2015.2)
  • 合間優陽, 長谷川大, 戸辺義人, 佐久田博司, “コンピュータ初学者用プログラミング作業定量化システムの構築” 平成26年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会, (2015.2)
  • 片桐健, 狐崎直文, 戸辺義人, “SQCUAIR:間隔制御を用いたUAV間通信の検討” 平成26年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会, (2015.2)
  • 青木敬郎, 須藤悠也, 小川亮二, 狐崎直文, 戸辺義人 “ユーザ属性に適応したiBeacon情報提示方法の諸検討”, IEICE HPB第12回研究会 (2015.2)
  • Yuki Yagi, Naofumi Kitsunezaki, Hiroki Saito and Yoshito Tobe, “RWFS: Design and Implementation of File System Executing Access Control Based on User’s Location”, The 20th IEEE International Conference on Parallel and Distributed Systems (ICPADS2014), (2014.12)
  • 小花 祐輔,高橋 淳二,宇佐美 格,狐崎 直文,戸辺 義人,ロペズ ギヨーム, “自転車走行による路面状態推定の試み”,第31回センシングフォーラム , (2014.9)
  • Ryo Nishikawa, Niwat Thepvilojanapong, Naofumi Kitsunezaki, Yoshito Tobe “Planning-based Routing for Area Sensing” IWWISS2014(2014.9)
  • Yusuke Kobana, Junji Takahashi, Itaru Usami, Naofumi Kitsunezaki, Yoshito Tobe, Guillaume Lopez “Detection of Road Damage using Signals of Smartphone-Embedded Accelerometer while Cycling” IWWISS2014(2014.9)
  • 狐崎直文,”光ファイバを通過する光の起動角運動量の保存”, 2014年電子情報通信学会 ソサイエティ大会, (2014.9).
  • 狐崎直文,”ファイバの終端における軌道角運動量の保存”, 信学技報 Vol. 114, No. 195, pp. 27-31, (2014.8).
  • 八木 佑侑季, 狐崎 直文, 斉藤 裕樹, 戸辺 義人 “RWFS: 位置情報による空間アクセス制御を行うファイルシステムの設計と実装” マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム (2014.7)
  • 小川 亮二, 狐崎 直文, 斉藤 裕樹, 戸辺 義人 “複数携帯端末によるエネルギー消費を考慮した協調受信機構の設計” マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム (2014.7)
  • Keisuke MURASE, Ryo Kanaoka, Niwat Thepvilojanapong, Tsubasa Ito, Teemu Leppanen, Hiroki Saito, Yoshito Tobe, “Demo: Hand-to-Hand Communication Using Smartphones”, MobiSys2014, (2014.6)
  • 村瀬慶祐, 伊藤翼, 斉藤裕樹 ,Thepvilojanapong Niwat, 戸辺義人, “H2BCom:手から手へ伝える通信” 第42回ユビキタスコンピューティングシステム研究発表会, (2014.5)
  • 小花 祐輔, 高橋 淳二, 宇佐美 格, 狐崎 直文, 戸辺 義人, ギヨーム ロペズ “自転車走行時の路面情報抽出:基本検討および実測定” 第71回SIG-MBL研究発表会(2014.5)
  • 西川 遼, 高橋 淳二, Guillaume Lopez, 狐崎 直文, 戸辺 義人 “汎用組込みOS向けロボット制御ライブラリの設計” 第76回情報処理学会全国大会(2014.3)
  • 小川 亮二, 狐崎 直文, 戸辺 義人 “複数携帯電話端末による協調受信機構の設計” 第76回情報処理学会全国大会(2014.3)
  • 石川 晃久, 川喜田 佑介, 市川 晴久, 狐崎 直文, 戸辺 義人 “電波空間データネットワーク伝送のための信号品質指標の検討” 第76回情報処理学会全国大会(2014.3)
  • 金岡 諒, Niwat Thepvilojanapong, 狐崎 直文, 戸辺 義人 “ジェスチャによる複数携帯機器間データ転送の設計と実装” 第76回情報処理学会全国大会(2014.3)
  • 小花 祐輔, 高橋 淳二, 狐崎 直文, 戸辺 義人, Guillaume Lopez “スマートフォンを用いた自転車走行時の路面信号抽出機構の設計” 第76回情報処理学会全国大会(2014.3)
  • Itaru Usami, Niwat Thepvilojanapong, Naofumi Kitsunezaki, Yoshito Tobe, “Determination of Automobile Sound Towards Sound Maps”, The 2014 International Conference on Green and Human Information Technology, pp.247-249, Feb. 2014
  • Itaru Usami, Niwat Thepvilojanapong, Naofumi Kitsunezaki, Yoshito Tobe, “iCSM: Automatic Recognition of Passing Automobile Sound Towards Sound Maps” IEICE HPB第10回研究会 (2014.2)
  • 狐崎 直文、”摂動解析によるクロストークの無いマルチモード・ファイバの提案”, 電気学会電磁気理論研究会資料 Vol. EMT-14-031, (2014.1)
  • 小花祐輔, 高橋淳二, 狐崎直文, 戸辺義人, ロペズギヨーム, “加速度センサを
    用いた自転車走行時の路面信号抽出に関する研究”, 第16回人間情報学会講演会
    オーラルセッション, (2013.12)
  • 狐崎 直文, “統計力学的な方法を用いた誘電率揺らぎによる散乱断面積の計算方法の提案”, 電気学会電磁気理論研究会資料 Vol. EMT-13-159,(2013.11)
  • 狐崎 直文, “導波路の誘電率揺らぎによる散乱断面積の計算”, 信学技報 Vol.113, No.132, pp.1-4 (2013.8)
  • 金岡 諒, 尾崎 凌介, Niwat Thepvilojanapong, 狐崎 直文, 戸辺 義人 “振る動作による携帯機器間のマルチユーザ転送の検討” 情報処理学会ユビキタスコンピューティング研究会 (2013.7) [PDF]
  • 伊藤 翼, 八木 佑侑季, 斉藤 裕樹, 狐崎 直文, 戸辺 義人 “近距離無線電波強度とグループ行動知識モデルを用いた測位手法の提案” マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2013)シンポジウム (2013.7)
  • 尾崎 凌介, 小川 亮二, Niwat THEPVILOJANAPONG, Teemu Leppänen, 狐崎 直文, 戸辺 義人 “参加型センシングにおける協調制御機構の設計” マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2013)シンポジウム (2013.7)
  • Ryosuke Ozaki,Niwat Thepvilojanapong,Teemu Leppanen,Naofumi Kitsunezaki,Yoshito Tobe “CSSP: Cooperative Sensor-data Stream Protocol” IEICE HPB第9回研究会 (2013.6)
  • 狐崎 直文, “2次元スラブ型平行導波路の伝搬定数の摂動解析”, 電子情報通信学会全国大会 (2013.3)
  • 尾崎 凌介, Niwat THEPVILOJANAPONG, 狐崎 直文, 戸辺 義人 “センサデータストリーム協調制御プロトコルの設計” 電子情報通信学会東京支部学生発表会 (2013.3) [PDF]
  • 稲垣 真人, 新城 康哉, 福原 遼, 狐崎 直文, 戸辺 義人 “近距離無線通信におけるジェスチャ利用の提案” 電子情報通信学会東京支部学生発表会 (2013.3)
  • 南條 大, 福原 遼, 狐崎 直文, 戸辺 義人 “TravelProxy:実時間代理旅行システム” 情報処理学会全国大会 (2013.3) [PDF]
  • 新城 康哉, 稲垣 真人, 福原 遼, 狐崎 直文, 戸辺 義人 “ジェスチャと近距離無線通信の組み合わせによる情報伝達システムの提案” 電子情報通信学会総合大会 (2013.3) [PDF]
  • 森 達哉, 新井 駿, 鉄谷 信二, 狐崎 直文, 戸辺 義人 “指尖脈波センサを用いてユーザの気分を付与するマイクロブログの提案” 電子情報通信学会総合大会 (2013.3) [PDF]
  • 狐崎 直文, 安達栄治郎, 増田 卓, 水澤 純一, “KINECTのリハビリテーション用アプリケーションの実用化”, 信学技報 Vol.112, No.291, pp.41-46 (2012.11)
  • 狐崎 直文, “2次元導波路アレイ系の伝搬モードの近似積分を用いた摂動解析”, 電気学会電磁界理論研究会資料,Vol.EMT-12, No. 133, pp. 71-76 (2012.11)
  • 狐崎 直文, “強く結合した2次元2平行導波路系における光の挙動の解析解と近似解~ 強結合導波路アレイにおける光の挙動に対する近似法の提案 ~”, 信学技報 Vol.112, No.193, pp.53-38 (2012.8)
[デモ]
  • Akira Yoneoka, Yanan Wang, Niwat Thepvilojanapong, Itaru Usami, Yoshito Tobe, ” Towards Quantifying Activeness of Meeting Using a Smartphone”, SenSys 2015, November 2015